トップページ > サービス一覧 > 18歳以上の入所サービス

18歳以上の入所サービス

障害者支援施設 「あさひが丘」

障害者につき、施設入所支援を行うとともに、心や体の機能の発達・維持を図り、生活に必要な知識や技能を身につけ、ひとりひとりの持っている力に合わせて、なるべく自立した日常生活を送れるよう、施設内で入浴・排泄・食事等の生活介護やその他の日常生活上の支援、夜間の生活支援を行っています。

s-DSC08255.jpg s-CIMG0599.jpg
食事の様子
訪問理容(毎月1回) 歯磨き支援
2011051914343012362.jpg s-CIMG1056.jpg s-DSC07730.jpg
宿泊旅行 アニマルセラピー(犬と散歩) 居室の様子

 

■どんな人が利用できますか?

知的障害のある18歳以上の方が利用できます。
(特例として15歳以上の方が利用することもできます)
① 障害程度区分4以上の方
② 年齢が50歳以上の場合は、障害程度区分3以上の方

 どんなサービスが受けられますか?

18歳以上の方を対象に、施設に入所していただき、
入浴・排泄・食事等の生活介護やその他の日常生活上の支援、夜間の生活支援を行なっています。


 

 このサービスを利用するには

成人部

①お住まいの市町村窓口に相談・申請・入所待機登録 (利用者→市町村)
②入所の順番が来たら、市町村より電話連絡があります。(施設→市町村→利用者)
③相談支援事業所を選び、契約する。(利用者→相談支援事業所)   
④障害程度区分の認定を受けていない場合は、障害程度区分の認定を受けてください。
  (市町村認定調査員→利用者)

⑤サービス等利用計画(案)を作成します。(相談支援専門員→利用者)
⑥サービス等利用計画(案)を提出します。(相談支援専門員→市町村)
⑦障害者福祉サービスの支給決定を受けます。(市町村→利用者)
⑧サービス等利用計画の作成、担当者会議の開催
 (相談支援専門員→利用者、サービス事業所等)

⑨サービス利用契約を結び、ご利用を開始していただきます。(サービス事業所→利用者)