トップページ > サービス一覧 > 保育所等訪問支援事業

保育所等訪問支援事業

保育所等訪問支援事業

保育所等訪問支援は、家庭から保育園・幼稚園・託児所等に通いながら児童発達支援事業所への併行通園しているお子さまが可能な限り地域における生活が継続できるために当スタッフが保育所等を訪問するものです。このことにより、保育所等のスタッフと協力体制、連携を図る事ができるため、よりお子さまが安心して集団生活を送る事ができるようになります。

  ■どんな人が利用できますか?

保育園・幼稚園・託児所・小学校等に在籍していて発達に心配のあるお子さまや集団での行動が苦手なお子さまが利用できます。

 ■どんなサービスが受けられますか?

お子さまに対する支援(集団生活へ適応するためのアドバイス)
訪問先保育所等のスタッフに対する支援方法等のアドバイス

 ■このサービスを利用するには

利用の流れ3

①市町村役場の福祉担当課に、保育所等訪問支援についての申請を行います。
②児童支援利用計画を作成するために、相談支援事業所を選び、契約します。
③相談支援専門員が面談し、子どもさんの状態や希望等について聞き取りを行い、
児童支援利用計画(案)を作成します。
④作成した児童支援利用計画(案)を市町村窓口に提出します。
⑤市町村が児童支援利用計画をもとに支給決定を行い、受給者証が届きます。
⑥相談支援専門員がご家族の希望する生活をもとに、児童支援利用計画を作成します。
また、相談支援専門員は本人・ご家族・サービス事業所担当者等の関係者を集めて、
担当者会議を開催します。
⑦サービスを利用する事業所と契約し、サービスを利用開始します。