トップページ > ホースセラピー

ホースセラピー

このページはシュバルについての内容です
■ホースセラピーについて

引き馬の様子「障害者乗馬」は日本ではまだ一部の人々の間にしか知られていませんが、欧米では障害者たちのリハビリとしてすでに定着しています。
歴史を遡ると、病人が馬と触れ合ったときにその苦痛が軽減されるということが古代ギリシャの時代から西洋ではいわれていました。
乗馬は老若男女、障害のあるなしに関わらず誰にでも楽しめるスポーツでありレクリエーションです。日本ではまだ特別なスポーツと考えられていますが、英国の養護学校では水泳と乗馬を選択できるほど一般的に受け入れられています。
馬に乗ることで身体の機能回復になったり、豊かな感情の変化が見られたりといった効果が期待されているためです、また、リハビリ面に限らず、動物とのふれあい、スピード感、今までに経験しなかった高い視野などを味わう楽しみの場ともなっています。
効果としては身体的、心理教育的、社会的なものが挙げられます。
馬は10分間に1,000回にもおよぶ三次元運動を行うといわれています。馬の歩いている姿をよく観察すると、筋肉が多方面に動いていることがわかります。
この動きが騎乗者に伝わり、騎乗者はバランスを維持するためにこれらの振動を全身を使って吸収しているのです。
パートナーとして馬を使うことにより、あらゆるレベルの障害や能力に応じ、ゴールを細かく分けて設定することができます。それにより、騎乗者は自信を持ち、それが動機となって、身体的、精神的能力を伸ばすことができます。

○身体的効果
馬が前進すれば身体は前後・左右・上下にゆれます。
この揺れと馬の体温が適度の緊張とリラックスを生み、騎乗者は自然に馬の動きに合わせてバランスをとろうとします。これが脳幹を刺激し、筋肉の発達や血液の循環を助け肺活量も増すなど、健康全般の促進につながります。

○心理教育的効果
身体的リハビリ効果に限らず、心理教育的な効果もあります。
大動物と触れ合いながら今まで体験したことのない高い視野、スピード感を味わい、「馬に乗った」という満足感、「自分の何倍もある大きな馬を操れた」という自信が生まれます。

○社会的効果
馬を介しての人との交流が、人間関係を豊かにする楽しみの場となります。

(RDA活動のためのガイドブックより抜粋)

■どのような人が利用できますか?

社会福祉法人 落穂会 あさひが丘 各事業所のサービスとの契約が必要となり、そのサービス利用時間内でのセラピー実施に限らせて頂きます。
なお、サービス利用時間以外での利用に関してはビジター料金とさせて頂きます。

○シュバルでの乗馬を行えない方
・てんかん発作がコントロールできない方
・馬の急な動きがあった際に、身体への影響があると思われる方 (医師の診断をお願いする場合があります)
・体重70kg以上の方(馬によって体重制限が異なります)
※上記以外でも場合によっては乗馬をお断りさせて頂く場合がございます

■開所日時

各障害福祉サービスのサービス提供時間に準ずる。

■料金
  事業所 引き馬 ホースセラピー
(個別レッスン:15分)
料金 障害児入所施設 あさひが丘 200円 600円
児童発達支援センター歩路
放課後等デイサービス我路 無料
放課後等デイサービスシュバル
ガーデンキッズセルク・トリア 200円
ヘルパーステーションとわ 18歳未満~200円
18歳以上~400円
18歳未満~600円
18歳以上~1,000円
障害者支援施設 あさひが丘 400円 1,000円
ワークショップあすもね
グループホームあさひが丘

※当倶楽部は、完全予約制となっております。
※ガーデンキッズセルク・ガーデンキッズトリアをご利用の方はご家族での送迎が必要となります。