トップページ > 経営理念と基本方針

経営理念と基本方針

経営理念

「共生と共創」~だれもが「生まれてきてよかった」と思える共生社会を創造する~
 
基本方針
(1) エンパワメント
知的・発達障害のある人の基本的人権を尊重し、本人が持てる力を十分に発揮し、より豊かな人生を送ることができるよう支援する。
(2) 主体性尊重
利用者の主体性を尊重し、より良い意志決定ができるよう支援する。
(3) フロンティア精神
社会福祉法人は地域社会のなかの重要な社会資源であることを自覚し、常に開拓的精神をもって地域福祉の向上と地域社会の発展に寄与する。
(4) 安定経営
本人・家族・職員の幸福な人生に寄与するために安定した法人経営に努める。

行動指針

(1) 利用者の健やかな成長・発達と豊かな生活を願い、一人ひとりのニーズに応じたきめ細かな支援を行います。
(2) 利用者が持てる力を最大限に発揮できるよう、自立や就労につながる支援を行います。
(3) 利用者が健康で快適な生活を送ることができるよう、常に清潔で安全な生活環境を保つように努めます。
(4) 利用者自身の希望が実現できるよう、利用者の気持ちに寄り添いながらより良い意思決定を支援します。
(5) 利用者は地域社会の一員であるという認識のもと、社会性・協調性を身につけられるよう支援し、社会参加の機会をできるだけ多く確保するよう努めます。
(6) 施設は地域社会の一社会資源であるということを自覚し、地域との交流をよりいっそう深め、開かれた施設を目指し、地域福祉の向上に寄与します。
(7) 職員は自らの役割と使命を自覚し、絶えず研鑽を重ね、専門的支援技術と人間力の向上に努めます。