トップページ > 学園の歴史

学園の歴史

創設者: 水流 國彦

昭和32年 5月 知的障害児施設の創設を決意し、鹿児島市永吉町の家屋移転整地作業に着工
昭和33年 8月 児童福祉法に基づき、定員50名で知的障害児施設あさひが丘学園開園
昭和35年 5月 社会福祉法人落穂会を厚生大臣設立認可
昭和37年 4月 女子寮増設により入所定員を70名に増員認可
昭和39年 4月 宮内庁より御下賜金拝受
昭和43年 3月 清水基金補助により作業棟(コンクリートブロック作業室)完成
昭和48年 8月 鹿児島永吉町より同市皆与志町へ移転工事着工
昭和48年10月 中央競馬財団の補助により機能訓練棟完成
昭和49年 8月 鹿児島市皆与志町に改築移転
昭和54年 5月 鹿児島県中央児童相談所の指導により在宅障害児地域療育指導事業(母子通園)開始
昭和56年 6月 おぎゃー献金よりマイクロバス及び固定遊具購入の補助金を受ける
平成 4年10月 心身障害児短期療育事業(利用入所)を開始
平成11年 9月 あさひが丘学園の定員を90名から40名に削減し、知的障害者更生施設あさひが丘学園成人部(定員/入所40名・通所10名)を開設
平成11年 9月 おぎゃー献金よりマイクロバス及び温室購入の補助金を受ける
平成13年 6月 鹿児島市障害児・知的障害者ホームヘルプサービス事業を開始
平成14年 4月 鹿児島市心身障害児放課後等対策事業(児童クラブ「我路」)を開始
平成15年 4月 支援員制度の施行により、指定知的障害者更生施設あさひが丘学園成人部、知的障害者短期入所事業、知的障害者居宅介護事業、児童短期入所事業、児童居宅介護事業の指定を受ける
平成16年 4月 あさひが丘学園成人部の通所定員を15名に増員認可
平成17年12月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)「花梨」(定員5名)設置認可
平成18年 4月 あさひが丘学園成人部の通所定員を20名に増員認可
自立訓練棟「あしたば館」設置
平成18年 6月 知的障害児・知的障害者自活訓練事業受託
平成18年10月 障害者自立支援法の施行により、障害福祉サービス事業(短期入所・居宅介護・行動援護・共同生活援助・共同生活介護)の指定を受ける。
地域生活支援事業(日中一時支援・移動支援・相談支援)開始
平成18年11月 鹿児島市障害者相談支援事業受託
平成19年 6月 共同生活介護(ケアホーム)「つばさ丸」(定員4名)開設
平成20年10月 共同生活介護(ケアホーム)「くるみ」(定員4名)開設
平成21年12月 共同生活援助(グループホーム)「花梨」(定員5名)移設
平成21年12月 共同生活介護(ケアホーム)「四郎丸」(定員4名)開設
平成23年 4月 あさひが丘学園成人部が障害者自立支援法の新事業体系に移行し、
障害者支援施設 あさひが丘(施設入所支援・生活介護)となる。
児童デイサービス こどもサポートセンター「我路」開設 
姶良市障害者相談支援事業受託
平成24年 3月 社会福祉施設等耐震化整備事業により、児童棟の耐震化工事を行う
平成24年 4月 日本財団の助成により、共同生活介護「四郎丸」(定員8名)を改築移転、「ももか」(定員4名)開設
放課後等デイサービス こどもサポートセンター「我路」へ事業変更
指定一般・特定・障害児相談支援事業開設
平成24年 7月 児童発達支援事業「ガーデンキッズセルク」開設(マルヤガーデンズ内)
平成24年10月 鹿児島市岡之原町に地域生活支援センター「あさひが丘」開設